[写真]両神山麓花の郷ダリア園

「両神山麓 花の郷 ダリア園」は、小鹿野町の両神地域(旧・両神村)にあります。日本百名山の一つである両神山の麓の山里で、約350種類・5000株ほどのダリアが育てられています。

きれいな花が見られるように地元の人たちにより手入れがされており、谷間の園地は秋になると沢山のダリアの花を見ることができます。

2019年は9月1日(日)から11月3日(休)まで開園予定
入園料(環境整備協力金)は中学生以上400円です

ダリア園受付付近

ダリア園は県道の両側に広がります。園内は傾斜地になっていて、北側が県道下、南側が県道上になります。受付は北側エリアの入口にあります。

県道を挟んで受付の反対側(南側)には諏訪大明神があります。お社前の「夫婦杉」は推定樹齢500年以上で高さ30mを超える古木です。

[写真]ダリア園受付
ダリア園受付

[写真]夫婦杉とダリア園
夫婦杉とダリア園

[写真]諏訪大明神・夫婦杉
諏訪大明神・夫婦杉

園内

園内はダリアの畝がたくさん並んでいます。品種ごとに集まっており、畝の端に名前板があります。

畝と畝の間が通路になっていて、花を両側から間近に見ることができます。土の傾斜地なので、歩きやすい靴がおすすめです。

また、園内には数か所ベンチがあります。日影は少ないので、晴れた日などには暑さや日焼けにご注意ください。

[写真]園内の風景
[写真]園内の風景
[写真]園内の風景
[写真]園内の風景
園内の風景

[写真]木のベンチ
木のベンチ

[写真]南側エリアから見下ろした風景
南側エリアの奥のほうから見下ろした風景

いろいろなダリアの花

園内にはたくさんの品種があるので、白・黄・赤・オレンジ・ピンク・紫をはじめ、色とりどりのダリアの花を見ることができます。また、色がグラデーションになっている種類もあります。

花の形も、小さな一重の花からボール状の花、そして花びらの形も、丸みを帯びたもの・とがっているように見えるもの・先が分かれたものなどいろいろあります。

[写真]ダリアの花
[写真]ダリアの花
[写真]ダリアの花
[写真]ダリアの花
[写真]ダリアの花
いろいろな種類のダリア

アクセス

〒368-0201 埼玉県 秩父郡 小鹿野町 両神薄 8240-2

関越道「花園IC」から
 国道140号線・皆野寄居有料道路・県道37号線経由で約39km。

県道37号線の小鹿野町役場両神庁舎入口の信号から、日向大谷方面に入ります。
ダリア園は両神庁舎から約6km進んだ県道沿いにあります。

駐車場はダリア園前から50mほど奥です。山間部のため駐車できる台数に限りがありますので、混雑にご注意ください。

開花期の一部の日には、両神庁舎などが臨時駐車場になり、ダリア園へのシャトルバスが運行されます。

電車+バス

※最寄のバス停は「日蔭」バス停ですが、花の季節は例年「ダリア園」の臨時バス停が設置されます。

○秩父線「三峰口駅」から
小鹿野町営バス「日向大谷口」行でダリア園下車。
※「薬師の湯」「両神庁舎前」行の場合は、一部の便が薬師の湯で「日向大谷口」行に乗り換えられます。

○西武線「西武秩父駅」または
 秩父線「御花畑駅」(札所十三番バス停)から
小鹿野町営バス「薬師の湯」行で終点下車。「日向大谷口」行に乗り換えて、ダリア園下車。(※町営バスは、秩父線「秩父駅」は経由しません)

そのほか、途中の薬師の湯までは、西武秩父駅から秩父駅を経由する西武観光バス「栗尾」「小鹿野車庫」行で小鹿野役場下車、「白井差口」「薬師の湯」行の町営バスに乗り換えて薬師の湯下車という方法もあります。

ダリア園へ行けるバスは一日数本です。また乗換の待ち時間もありますので、事前に時刻を調べ、時間の余裕を持ってご利用ください。

リンク

両神山麓花の郷 ダリア園
http://www.ryokami.ogano.saitama.jp/

小鹿野町営バス
http://www.town.ogano.lg.jp/kurashi-tetsuzuki/bus-taxi/

関連するページ

秩父路の花

道の駅 両神温泉薬師の湯
小鹿野町両神地域(旧両神村)の観光拠点。町営バスのバスターミナルもあります。